忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/22 08:13 |
読々。。
近頃、台本と小説をひたすら読む毎日です。
目が疲れる(笑)

年が明けてから三冊本を読みました。

① 『屍鬼』
これは今までのブログでも延々紹介してきました。
小野不由美さんの作品。
めっちゃ長いけど、めっちゃおもしろかった!!
最後の方、夜12時から1時くらいまで読もうとしていたのに、気づいたら朝6時くらいでした。。

・・・だって、とまらなかったんだもん♪

読んだことある方・・・やめる予定の1時くらいに、だいたい霜月神楽の場面のあたりにはいったと思ってください。
とまれるわけがない!!

個人的には静信が嫌いでした。あと、元子。
好きだったのは敏夫(笑)
静信が嫌いで敏夫が好きって・・・歪んでるなぁ(苦笑)
あとは、律子や夏野、昭とか好きでした☆

あぁ・・・しかし、150人以上の登場人物には重ね重ねまいった・・・。

② 『ネクロポリス』
恩田陸さんの作品。
死んだ人が「お客さん」と呼ばれる存在として帰ってくる島のお話。
それをヒガンというイベントと称して集まってくる人々。
ハードカバーの表紙がおしゃれすぎて衝動借りしてきました☆

すごい魅力的な設定と人々で、わくわくしながら一気に読みました。
なんか文章が可愛くておしゃれな感じで、はっきり言って『屍鬼』のあとに読む本じゃない(笑)
死んだ人が帰ってくる設定とか、妙な風習とかすんなり受け入れられてすごいなぁって感心。
主人公にけっこう入り込めるからかな??

というわけで、ジュン(主人公)は結構好き♪
あと、サニーとサイド。
飼い猫です(笑)描写が可愛くて可愛くて♪♪

眼鏡の度がはいってなかった瞬間が一番ドキドキしました(読んでない人には意味不明)
ただ・・・結末がものすごく不満でした。途中までドキドキしたのに・・・

③ 『天きり松闇語り第一巻 闇の花道』
浅田次郎さんの作品。
大正時代の盗人一味のお話。現在、4巻くらいまででてるのかな??
映像化もされててびっくりです。
しかも、渡辺謙に中村勘九郎に椎名桔平etc・・・すごいキャスト陣♪

話自体はとても魅力的な登場人物があふれてました!
かっこいいんですよ!!
なんていうんですか?粋な生き方っていうんですか?
そういうのがばばーん!とでてるんです。

個人的にはお姉ちゃんの話が泣けた!

よんだ後に爽快な気持ちになりました。続きが読みたい!!

今後は、恩田陸と小野不由美中心でもっとよんでいこうと思います☆
伊坂幸太郎にも挑戦したい♪

自分の血となれ、肉となれ♪♪
PR

2008/01/16 19:20 | Comments(4) | TrackBack(0) | 本のこと

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

天きり松とはナイスセレクション!!

ダイブ前に読んだから記憶は曖昧だが
非常に楽しんだ記憶がございます。

十二国紀も読んだら感想UPしてくださいねーw

posted by タムラ。URLat 2008/01/18 23:06 [ コメントを修正する ]
わぉ!いずみさんも天きり松読んでましたか!
いいですよねー♪
ひたすらかっこいいー!ってなってました(笑)

十二国記もそのうち読むつもりです♪
感想アップしますよー!!

なんかまたおすすめあったら教えてください☆
posted by 為房at 2008/01/19 13:39 [ コメントを修正する ]
小野不由美いいですよねーーー!
私も中学時代から大好きでよく読んでます。
十二国記の感想待ってますね☆笑
posted by ナオat 2008/01/22 14:48 [ コメントを修正する ]
いいよねー!
十二国記ももうすぐ読む!!手元にある!!
『屍鬼』おすすめ!!

かたろーぜー☆
posted by 為房at 2008/01/24 22:07 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<オフィーリア合流。。 | HOME | スイーツが食べたい。。>>
忍者ブログ[PR]